【昼の巻】夏だ!水着だ!その2

→【夏だ!水着だ!その1】

今度はpixivから去年の作品をいくつかご紹介です。





鬼の水着はいい水着


続きを読む

【昼の巻】夏だ!水着だ!その1

夏本番、鬼子ちゃんの水着が見たいという熱い想いがどこからともなく届いたので、
鬼子ちゃんアップローダから、これまでの水着イラストを紹介しちゃうよ!



水着おにこ

髪の感じが素敵ですねえ。水もしたたるいい女。


続きを読む

テーマ : 創作・オリジナル
ジャンル : アニメ・コミック

【昼の巻】sitori氏の小説集

最近、ピクシブで面白い作品日本鬼子SSを出し続けている
sitori氏の作品をまとめてご紹介!
各キャラの人柄や関係性が掘り下げられているところがとても素敵だと思います。



ある鬼人の河童退治
鬼子のつけている般若面にまつわる、昔々の物語。

 酒瓶を口に近づけて一気にあおる。
「ぷっはー! やっぱり一仕事の一杯はいいわ」
「飲みっぷりがいいねぇ、鬼のお嬢ちゃん」
 突然の声に少女は一瞬で表情を変え振り向いたときには酒瓶から長巻に変っていて、切っ先を声の方へと向いていた。
「おいおい、いきなりそんなの向けるな」
「坊主、いや山伏かな。なに? あたしを退治でもする気?」
 逢(おう)は山伏の抗議を無視して問いただす。
「いやなに、鬼を退治する鬼が珍しくてな」
「それで?」
「せかすなせかすな、鬼のお嬢ちゃんは――」
「お嬢ちゃんって鳥肌立つから、あたしのことは逢と呼んでくんない」
「逢か、分かった。でだ、逢はここの土地を見てどう思うか?」



今日は
地蔵様のことが分からない人はこちらへどうぞ
白狐爺とシロちゃんのことが分からない人はこちらへどうぞ

「ねー、ねね様。ヒワイドリがもうすぐお乳の日だって」
 桜柄の着物をきた幼女が、紅葉柄の着物を着た少女に言った。すると、いつの間にか少女の手には薙刀が握られていた。
「あのセクハラ鳥はどこにいます。小日本?」
「あっち」
 紅葉柄の着物の少女は、指差された方向に走って行った。
 小日本が追いついたときには、鶏のような鳥が逆さ吊りになっていた。
「ちょっと待て、今日俺は何もしてないぞ!」
「何言ってるんですか、小日本に変なこと教えて!」
「変なことなんか教えてない!」
「さっき小日本が貴方からもうすぐ、お、お乳の日だと教えてもらったって言ってました!」
 赤面になりながら紅葉柄の着物の少女が言った。
「違う、俺が言ったのは――」



鬼子さんの、とある一日
ひいずりさんの弱さの先にある確かな強さがうかがえるお話。
ひいずりさんのことが分からない人はこちらへどうぞ

「それはただ日本鬼子の考えが甘いだけだと思いますわ。とは言えこのことに関して、私からもう何も言うことはありませんわ。私は私の考えでこの方法をとっているのですから。それでも一つ言わせてもらうと、貴女が思っているほど人間は弱くはありませんわ」
「弱くない?」
「この餡蜜を食べ終わるぐらいまでは、もう少しお話してあげますわ」
 まだ手につけていない餡蜜を田中の方に押した。
 田中は貰うか少し迷うが、餡蜜を口に入れる。
「心の鬼がどうして強くなるか知ってます?」



日本と鬼子と贈り物
とても風流なお話。
日本青さんのことが分からない人はこちらへどうぞ

「いえ、その勝負乗りました!」
 予想外の言葉に田中は驚く。
「どうしたの! 鬼子さん」
「やっとやる気になりましたのね!」
 日出はポシェットから和弓を取り出した。
「その代わり、条件があります」
「……なんですの?」
「一つは、勝負は今日の二十時に」
「今すぐではいけませんの?」
「色々と用意があるので駄目です。それとも不意打ち同然の勝負で買って嬉しいですか?」
「……それもそうですわね。わかりましたわ」
「日出さんって結構素直だよねー」
「二つ目は勝負の内容は私が決めます」



田中怒られる
ついなちゃんと鬼子さんの意外な一面が見られる小編です。
田中さんの罪作り…!(いや、気を付けましょうね)

「あ、追儺ちゃん」
 四つ目の面を頭につけてダブルツインロールという派手な格好の少女が立ち止まる。
「匠……」
 いつも元気一杯勝気な追儺ちゃんにしては、なんか元気がない。
「何かあったの?」
「あの、そのな、ごめんな?」
「え? 何? どうしたの?」
 戸惑う私に追儺ちゃんは困った顔をして、
「でも、匠も悪いんやで!」
「いや、ちゃんと言ってくれないと……」
「どうせ、鬼子のとこ行くんやろ? 行ったらわかるわ!」



これからの展開にも期待です!


キャラクターページ更新しました

キャラクターページのイラストを少し更新しました。
よかったら、気になったあたりをのぞいてみてね!

キャラクター


【夜の巻】SF系鬼子小説集

最近、本スレがSF系の作品や話題で盛り上がっていたので、SF系の過去作品を見てみようと思います。
和風キャラの鬼子さんですが、意外とあるんですよ、近未来系やSF系の作品!



世紀末もの
http://unkar.org/r/mitemite/1292673546/215-221

が、何時まで経ってもその刀が来ない。
片目をそっと開いてみると少女が鬼を斬っていた。あの少女だ。
あの日、家に帰したはずの角の生えた少女だ。それがあの巨体を一撃で斬り伏せた。
信じがたいこともあるものだ。それにしてもなぜこの少女がここに?
「なんで君がここに?。帰ってもいいと言っただろう」
「こんな来たこともない所で置き去りにされても帰れませんよ!」
怒鳴られた。といってもこの少女が言ってることは正しい。
「悪かった。帰り道は駅員に聞いてくれ。君の降りる駅は○△駅だ」
「冗談言ってるんですか?街中廃墟だらけですよ?」
「いや、すまなかった。もしかしたら俺の言葉で世界が元に戻るかもだろ?」
「漫画の読み過ぎです。私は早く家に帰りたいんです。案内してもらいますよ?」





白の交錯
by たがわ様
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=206192
「いまいち萌えない娘」名付けて「今井知菜子」さんが、戦闘型メイドロイドとして、日本列島を制圧したメイドロイドたちと孤軍奮闘する物語です。リンクは鬼子さんが登場するところから。

『博士』が紹介する。
「この娘はM.o.E-025、『日本鬼子』。公務用親善大使型メイドロイドだ。日本の文化を世界に広めることを目的に製造された、心の優しい娘だ。……仲良くな。」
促され、鬼子は白い指で菜の花を一本摘み、おずおずと知菜子に差し出した。とまどう知菜子。
「……どうぞ」
鬼子の鈴のような声。知菜子がそっと菜の花を受け取ると、にこりと太陽のような笑みをこぼした。
知菜子が、この場にふさわしいであろう言葉を検索し、発する。
「……ありがとう」
鬼子が知菜子の手をとった。
「どういたしまして」
その手のぬくみ。
(ああ。)
知菜子は理解した。
(優しいとは、こういうことか。)





千々に裂かれた心
by しゃもじ様
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2622495
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2622524
圧倒的な密度を持ったサイバーパンク。「おによめ創刊号」に掲載されていた作品です。
世界観は厳しいけれど、ハッピーエンドになりますよ。

 だが、ある事件の折、左腕と己の半身ともいえる妹を失った。
自分を姉様と呼び慕うあの子を。今はどこにいるかさえ
わからない。
 その後、自らの腕と半身を奪った敵を…憎み、憎み抜き…
─そしてニンゲンのワザをいくつか学び、自らの業へと昇華した。
奪われたものを奪い返すために。ヤツラに復讐する為に……
 その結果、歪な形で取り戻した今の左腕。ぬくもりを感じる
ことのない機械と呪詛で動く義手。
かまわない。ぬくもりを感じる感覚など無用。そう切り捨てた。
 ただ、この場所に来ると、シクリと疼く。亡くしたはずの腕が、記憶と痛みを伝えてくる。

「こに……今、どこに居るの?」



チリチリおにこ
by しゃもじ様
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1597231
「千々に裂かれた心」の続編。
ちょっと風変わりな鬼子と、食えないけど憎めない心の鬼と、前作で鬼子と共闘したくのいちの物語です。
こちらのイラスト(by kurouji様)から展開したお話だそうです。

 ……カヒュー……カヒュー………ガフッゴホッ。
その末にやっと確保した生まれて初めての呼吸。その空気は異臭と障気に満たされていたため、途端にむせた。
 やがて、呼吸にも慣れてくると濡れた長い黒髪を後ろにかきあげ、黒い瞳が心細げに周囲を見回した。頭には小さい一対のツノ。姿はまだ幼い少女だ。

──その鬼は浮かれに浮かれていた──
 ひゃっほぅ!自由だ!ざまぁみやがれってんだ!
この嘘月鬼(うそつき)様をいつまでも縛ってられるかってんだ!
 いやーここ数ヶ月は大変だったゼ、
何ンせ大人しい小羊みてーにいわれた事をしなけりゃいけなかったからなぁ。
 おまけに強引に契らされた契約で嘘をついたらいけねぇってんだ。死ヌかとおもったゼ!




お品書き
botton_about.png
 ・日本鬼子とは
 ・利用ガイドライン
botton_blank.png
 ・日本鬼子
 ・小日本
    and more...
botton_blank.png
botton_blank.png
 ・イラスト
 ・小説
 ・音楽・UTAU
 ・動画・MMD
 ・最新作品一覧
 ・昼の巻夜の巻
    and more...
botton_blank.png
botton_blank.png
botton_siryo.png
ぷろじぇくとについて

日本鬼子ぷろじぇくと

Author:日本鬼子ぷろじぇくと
萌えキャラ「日本鬼子(ひのもとおにこ)」のファンのゆるーい集まりです。掲示板で創作物を発表したり、萌え話をしたりしています。
ポータルサイト担当者:おたま

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター